Sato Tomoko

painting,painting,painting!
イシイアツコ展 in 岡山
毎度おなじみの「イシイアツコ銅版画展」に今年も行って来ました。今年も岡山の表町にあるart space テトラヘドロンさんで個展です。アツコさんはとにかく尋常じゃない量の仕事ぶりで、どうやったらそんなに超人的に働けるんだろうと、お話を聞くたびに思います。


2010年に知り合ってから早3年。ビンボーな私でも作品が4つになりました!Babyシリーズです。



今年手に入れたベイビー。ちなみにこの写真、作品よりでかいです。3cm四方の小粋な世界。小さくって、ピントが上手く合わないんです。



ベイビーだけでなく鳥も手に入れました。

4点集まったから、そろそろ額にいれようかな、と考えてみたり。でもまた来年ニヒルなベイビーが現れたら、などと考えたり。

来年が楽しみです。アツコさんとも来年また会おうねと誓い合った次第です。

| 美術・芸術のこと | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イシイアツコ展 in 大阪
もう一人のお友達はパリジェンヌの版画家イシイアツコさん。毎年一度帰国を兼ねて、展覧会をされます。

 
アツコさんの作品を飾ると、大阪の雰囲気もパリになりそうです。


アツコさんも自分のスタイルをしっかり持った作家さん。だからファンも多いのです。小さな作品がところ狭しとあって、全部好きかと言うとそうではないんですが、その中に何点かズキュンと気に入る作品が合ったりします。それを見つけちゃうと、お財布と相談しながらついつい手が出てしまうのです。


今回手を出してしまったのは、この小さいベイビー。本当に小さい作品です。この写真の半分くらいが実際の大きさ。今、友だちとのSkypeでブームなのが「ハーハー」と笑うことです。それもあって「ha!ha!」が何か気に入ってしまいました。昨年もベイビーを手に入れたので、ベイビーシリーズで集めたくなります。そういう気にさせてしまうのも、アツコさんのスゴさです。



ほら、こんなに小さいんです。

また来年を楽しみにしてますね〜。
| 美術・芸術のこと | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イシイアツコ展 in 岡山
 
昨日、こんなものを手に入れました。ベイビーがワニの上に乗っています。実物はもう少し小さくて4cm程です。その4cm程の中にこの一版多色刷りの銅版画がおさまってます。この版画の作者はパリ在住のイシイアツコさんです。可愛いんだけどちょっとブラック。ちょっと皮肉。でもポジティブ。でもちょっと変。という作品はアツコさんのキャラクターそのものでもあります。

このベイビーがクールな顔をしてワニの上にいるのも良いんですが、横に書かれている文字が「それは簡単なこと。でも実現不可能」とかいうような意味だそうで、一言で言うとミッションインポッシブルかな〜、とのこと。でもこのベイビーはクールにそれに立ち向かっています。そんな感じが気に入ってこの作品をいただきました。


こんな細工の細かいものをエディション付けて70枚。そんな面倒な作品がわんさかあります。一体どれだけ働いたらこんな量になるんでしょう。パリでも版画仲間に不思議がられているとか、いないとか。


昨年の4月に大阪のLads ギャラリーさんで個展をした時に、同じ会期で隣の部屋でアツコさんが展覧会をされたことが縁で、仲良くなりました。ドイツ留学から帰ってきてまだ半年という時期だったし、15年パリに住んでいるアツコさんと話すのはとても楽しかったです。

そのアツコさんが3月14日まで岡山のギャラリーテトラヘドロンで新作展。一年ぶりにお会いできるチャンスだったので、顔を出したというわけです。2人とも一年前の個展の時と同じ洋服だったので、笑っちゃいました。


これは珍しくドローイングの作品。水彩をふわっと塗った感じがとてもきれい。

また来年と再会を約束してお別れしました。ちなみにアツコさんはこのあと
4月にLads ギャラリーでも展覧会をして、パリに帰るそうです。残念ながら私は4月にはドイツに行っているので、そちらは伺えないのですが。
| 美術・芸術のこと | 21:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ