Sato Tomoko

painting,painting,painting!
初高知

高知に行ってきました。


高知県立美術館でのシンポジウムが目的です。「大絵金」展を見てきました。恥ずかしながら全然「絵金」のことを知らずに行ったので、シンポジウムを通して色々勉強になりました。民衆大衆の絵画になってくると、なかなか気をつけないと目を向けないで過ごしてしまいます。そういう意味でも自分のバランスを取り直すためにも、面白い内容でした。

といっても日中は初めての高知で、うろうろ観光をしていたため、前半の研究発表には間に合わなかったのですが。


時間がなくて石垣しか見られなかった高知城。ぜひもう一度足を運んでちゃんと見たい。


しっかり鰹のたたきも食べました。
これまた美味。やっぱり本場は味が違うね!と感心。ドイツよりよっぽど近いのに、なかなか足を運ばなかったけど、シンポジウムのおかげで小旅行ができました。

一日遊んだために、展覧会の準備がさらに遅れてますが…。美味しいものを食べて英気を養ったので、もうひと頑張りします!
| 日記など | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アポロ計画とうさぎ
昨日、9月30日は直島で迎月茶会の予定でした。…が、台風のためやむなく中止に。船が止まったら直島から帰ってこられなくなる、お客様に迷惑がかかる、ということです。結局、岡山では台風は穏やかに過ぎ去っていったのですが。

ちょっとがっかりしていたところに、お茶会で出されるはずだったお菓子をあげるから〜との連絡が。今日はおやつを買わなくて済むなあと思って受け取ると…


見た瞬間に「これは食べられない…可愛すぎる」と。
羊羹に浮かぶお月様に可愛いウサギの顔が。


お干菓子はアポロ計画。月面着陸を和菓子で表すとは!衝撃の作品です。人間のサイズは5mmほど。すごいです。ちょっと写真が良くないのですが、実際はもっとよくわかります。

このお菓子を直島の海と月を眺めながら食べたかったな〜。

結局このお菓子は、いっしょに直島に行くのを楽しみにしていた小さな友人にプレゼントしました。もう喜ぶ喜ぶ。

これまでも何度も驚かせていただきましたが、常に期待を超えてくださる
松濤園さんに拍手(*゚∇゚)//(*゚∇゚)//パチパチヾ(゚∇゚*)ヾ(゚∇゚*)!

追伸:翌日、もう一つこのお菓子を頂いてご賞味させていただきました。美味しかったです!
| 日記など | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お手伝い

今日は打ち合わせの後、玉島の廣珍さんでお昼ご飯。お昼時で混んでるな〜と思ったら、知人と遭遇。引っ越しの片付けをしているとか。


話の流れのまま引っ越しのお手伝いに合流。古〜いお家なので食器だけでも大量。この数倍はありました。


この緑と青の釉薬の色が気に入って、お持ち帰り〜。「昔描いていた風景画と色が似てるね、そういう配色が好きなんだね〜、やっぱり」と図星な指摘。何か見ているといやされる色彩。

かなり大ぶりな急須なので、たっぷりざっくり使いたいと思います。
思わぬ一日でしたが、和気あいあいと楽しい一日でもありました。

| 日記など | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ちょっと一息

クラゲではなく、


レースでもなく、


ガラス皿。友人からの頂き物。写真よりずっときれいなんですが、なかなか難しい。


土偶ではなく、


酒器。これも友人からの頂き物。というのか、くじ運が悪いのに珍しく当てたのですが。

頂いた物を通して、くれた人が私にどんな時間を与えてくれようとしているのかが感じられます。ありがたいなあ。だからちゃんと使ってあげないと、と思います。そう思うと逆に使えないというジレンマ。

| 日記など | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
玉島巡り2
玉島は倉敷市ですが、かつては玉島市だったためなのか、玉島で生まれ育った人は倉敷出身とかはまず言いません。逆に倉敷でも田んぼをつぶして出来た住宅地で生まれ育った私は、倉敷市出身と言います。

土地に歴史がないためか、私はそんなに倉敷や岡山に愛着もありません。たまたまここに住んでいるけど、ここじゃなくても良い。これは小さい頃からずっと感じていた感覚です。しっくりこない、そんな感じでしょうか。


だから玉島の古い町並みを見ると、こういうところで生まれ育ったら、自分の中に根っこが生えたのだろうかとも思ったりします。


川沿いのアジアな雰囲気の家々。


ドラム缶橋。

「玉島をよくしたい」「玉島を盛り上げたい」と口々に話される方達と出会うたびに、そういう感情に対して共感できない自分が宙に浮いたように感じたり、ちょっと羨ましくも思ったり。

でも結局私は、アートのことしか興味が無いのかなあ。そんなこともぼんやり考えた玉島巡りでした。

| 日記など | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
玉島巡り その1
昨日は一日玉島巡り。総勢6人。内、出会いのアート実行委員会スタッフが3人、岡山県の文化振興課の方と玉野のうのづくりのスタッフの方、それに遊美工房専属カメラマンも加えて6人。残念ながらブログの写真は私が撮ったのでイマイチです。

「出会いのアート展」で来日するドイツの方たちにちゃんと玉島を紹介する為にも、自分たちの足でちゃんと玉島を歩いてみようという試み。まずは町並みよりも食べ物紹介。


玉島では有名なタテソースさん。お好み焼きソースからお出汁まで150種類のラインナップ。


社長自ら説明して頂き、お味見も。製品誕生秘話も伺ったり。

 
お昼は備後屋さんという旅館でランチ。お腹いっぱいのランチは2100円なり。和室に案内されて6人だけでゆったりお食事。


デザートは玉島味噌醤油さんの一押し新商品、醤油アイス。


これがまた上手い!250円。バニラより甘さが控えめでコクがあって、アイスとシャーベットとジェラートの間を取ったようなちょうどよいシャリシャリ感。

私たちが絶賛して食べていると、暑い中、円通寺から降りて来た本物の観光客の人たちも、アイスをご購入。売上げ貢献しました。


夕方には素敵な茶室にお招きいただき、お抹茶をよばれました。


夏の涼しげなお道具。


そして面白空間。


唯一の心残りはお腹いっぱいすぎて、おはぎまでたどり着けなかったこと。これには一同反省。次は必ず、と約束しました。

秋に展覧会に起こしの際は、是非是非玉島を堪能して欲しいと思います。ちょこちょこそういう情報もアップして行きます。
| 日記など | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハス
 
チューリップじゃないです。



蓮です。ハス。高校時代の恩師に頂きました。たまたま遊びに行くと、先生が育てたバケツ育ちのハスがたくさん。私に理科的なセンスがないことを知っているのか、これなら絶対にお前でも花が咲くと既につぼみがふくらんだハスを、バケツごと気前よく。


バケツ育ちでもハスはハス。何か家に持って帰ると、ちょっと品が違います。何と言うか転校生が1人浮いている感じ。


この「まるまる」ももらいました。先生お手製。こんなまるまるが庭に20個くらい木の枝にひっかかっている。麻糸かなにかの中に、土の代わりに何かモシャモシャしたものを入れて、その上に植物を入れています。枯れない程度に水をやれば、そのうち花が咲くと。確かに木にぶらさがった「まるまる」に花が咲いたら、可愛らしいでしょう。

花が咲いたらきれいなんだぞ、とアピールするのでもらってあげました(笑)。


って、こんな記事を書いている間に、花が咲いてしまいました。


いやはや。もうちょっとゆっくりでも良かったのになあ。

| 日記など | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
島と虫

何かイタリアな感じかも。でもここは、


直島。ちょっと前にいきました。瀬戸内海の眺めはスバラシイデス。島と虫デス。


虫は本当は上に向かってたんですけど。
ちなみにこのコンクリは、
李禹煥美術館の壁


何が良かったって、
地中美術館の側のこのお庭。モネの作品に合わせて睡蓮です。


ちょうどどの花も咲いていて、何か良かったです。色のバランスとか、かたちとか。最近自然の色にしみじみカンドーします。

先週末も所用で四国の高松に行きました。瀬戸大橋から眺める瀬戸内海の島々の景色もホントにスバラシかったです。
| 日記など | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本語タイム

短い滞在期間で人と会うにはやっぱりカフェが便利。留学中に住んでいたエリアに新しくできたカフェで友だちと待ち合わせ。良い雰囲気です。


壁のタイルの色、机の木の色、お花の色、クッションの色、どれもとっても心地よくて、色に癒されました。


頼んだのはミントティー。

このカフェでは留学中からの友人と炸裂トークでした。今回の滞在で唯一会った日本人の友だち。久々の再会に久々の日本語。こんな雰囲気のカフェで関西弁でしゃべりまくりました。楽しかった〜。

日本語万歳!

| 日記など | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドイツです
ドイツです。個展が終わって4日後にはドイツへ出発。その間も普通に仕事もあったりして、体力的にも限界です。ドイツに来てからも5日間で10人以上の人と打合せだったり約束があったりで本当に疲れ果ててしまい、ブログの更新も出来ませんでした。今日何とかその打合せもすべて終わって、後は明後日帰るのみです。


これはそんなよれよれの中、山歩きに連れて行かれた時の写真。


ヤギです。

ドイツ紀行はこれからぼちぼち更新して行きます。
素敵なGWを!
| 日記など | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ