Sato Tomoko

painting,painting,painting!
ロカンタとか屋台

 レストラン、ロカンタ(食堂)、ケバブ屋さん、屋台といろいろお店の種類があります。トルコで「レストラン」は基本的にグリルが中心で煮込み料理がないのが普通。グリルだったらケバブ屋さんで食べたらいいので、わざわざレストランに行く理由が分からない日本人です。

ロカンタ(食堂)はセルフサービスで、大学の食堂みたいな感じ。お盆を持って自分で並んで、お皿に好きなものを盛りつけてもらいます。


魚市場に行った後の朝食。朝から空いているロカンタがあったので入ってみるとメニューはスープだけ。トマトのスープとヨーグルトのスープ。パンを付けて4リラ(200円)。パンはちぎってスープに付けるだけでなく、ちぎったパンをスープにぷかぷか浮かべて一面パンの海にして食べる人が多かったな〜。


野菜のトマトソース煮とご飯、アイラン(ヨーグルトドリンク)と水を付けて8.5リラ(425円)。パンは無料です。


ここのロカンタでは欲張って、お店にある料理を全部少しずつお皿に盛りつけてもらいました。サラダと水、トルコピザもつけて20TL(1000円)。どれもこれも美味しかったです。


奥にあるのはデザートのプリン。


ロカンタでもグリルがあるところもあります。店頭でジュージュー焼いているので、すぐ分かります。上の写真とこのお肉を合わせて全部で20リラ。


オムレツ〜。こった料理を食べ続けるとあっさりしたものが食べたくなります。


ムール貝にピラフをつめた「冷製ムール貝のピラフ詰め」。一個1リラくらい。買うと殻を取って、レモンを搾って渡してくれます。


移動ピラフ屋さん。


ひよこ豆が入ったあっさりピラフ、2リラ(100円)。好みでケチャップかけてくれます。


日本でも時々見かけるケバブ屋さん。ラムとチキンがあります。


今まで謎だった、ケバブの作り方。ちょっとずつ積み上げていくんですね〜。


最後にビール。トルコのビール「エフェス」。美味しい!ケルンのビールと良く似ていて、明るい色で軽くて飲みやすい。トルコではイスラムの国とはいえお酒を飲む人は多いです。ただレストランでもビールを置いているところは、許可をもらったところだけだとか。私が入ったロカンタには無かった気がします。

15年前にトルコに行った時は、オリーブオイルを受け付けなくて、胃がもたれて食事を楽しむどころではありませんでした。ドイツ留学もあり、胃袋の許容範囲も広くなったのか、今回は絶好調。外食が安いので、ついつい毎日あっちこっちで食事を楽しみました。
| 食べもののこと | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
家庭料理
イスタンブールではジャンさんの友人夫妻のお宅に泊めてもらいました。トルコ人のネジョさんと奥さんはドイツ人イレーナさ ん。そういうわけでドイツ語で会話ができて助かりました。穏やかなネジョさんは年金生活者で、年の離れたイレーナさんはイスタンブールのドイツ人学校で陶芸を教えているとか。そんなお二人が私たちを友人として迎えてくれました。


朝ご飯。焼きたてのパンはめちゃくちゃ美味しい。いくらでも食べられます。ドイツもパンの国ですが、一人当たりのパンの消費量はトルコの方が圧倒的に多いとか。


ヤギのチーズが多い(気がする)トルコですが、私にはちょっと塩っけが強くて、牛のチーズがいいなあ。↑これは牛のチーズ


モッツァレラをスライスしてパプリカと唐辛子、オリーブオイルをたっぷり。


これはネジョさんが作ってくれたパスタ。ワンタンみたいにお肉の入ったラビオリにヨーグルトをかけ、オリーブオイルで少しあぶった唐辛子のソースをかけていただきました。唐辛子のソースはめちゃ辛いので、ちょびっとだけ。トルコのヨーグルト本当にまろやかで美味しい!




お豆のトマトソース煮、奥はクスル(Kısır)。クスルはブルグルという麦とパセリなどを混ぜて、レタスにのっけて食べました。


ピーマンの肉とブルグル詰め。


大好物の豆のトマトソース煮。優しい味で、いくらでも食べられる!


この日のサラダはトマトとキュウリ。トルコのトマトは甘くて味が濃い。トマトソースが大好きな私には、幸せなところです。
どこの国に行っても家庭料理がやっぱり一番美味しいです。


ベルリンでの寿司修行の成果を、イスタンブールで発揮。アジア系の食材を売っているスーパーを探して、お米と海苔、粉わさびと材料をなんとか揃えて、お礼の「手巻き寿司」食事会。ほぼ初めてお寿司を食べるトルコ人とドイツ人。トルコ人3名が奪いあったのが「わさび」。粉わさびを練っている時から「何これ、何これ」と興奮気味。

ネジョさんがツーンと来て、うっすら涙を浮かべているので「大丈夫ですか〜、あんまりたくさん入れない方が」と言いかけると「たまらん〜」と喜んでます。鼻にツンとくる感じが「最高!!」だそうです。ネジョさんは余った粉わさびを大切に保管し、別のトルコ人は粉わさびをどこで買ったのか、翌日電話で聞いてきました(笑)。

トルコ人の心を掴むには「わさび」かも。
| 食べもののこと | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
祈る姿

トルコはもちろんイスラム教国。時代・世代により信仰への向き合い方に差はありますが、それでも多くの人が毎日礼拝に向かいます。この写真は金曜日のお祈り。金曜日は集団礼拝の日なので、特に多くの人が集まります。こはイスタンブールのタクシム地区の教会。金曜日ということで教会に入りきれない程の人が集まってました。


お祈りの前には体を清めます。靴もソックスも脱いで足のかかとから、手、腕、首回り、顔、耳の穴、鼻の穴、耳の後ろ、口の中などを順番に洗っていきます。


モスクの中。旧市街にあるスレイマニエ・モスクだったと思います。



本当に美しい空間です。個人でのお祈りの際は、思い思いの場所を陣取って祈ってます。


メインの中央のスペースは男性の祈りの場。女性は2階に上がるか、後ろの囲われたスペースでお祈りします。なので女性の私は奥まで入ることもできません。


一心に祈る姿にはいつも心が動かされます。


イスラム教徒を意味する「ムスリム」は「服従する」という意味を持っているそうです。神様への絶対的な服従。自己を引き渡しひれ伏す。この一神教の感覚を日本人が理解することは不可能に近いと、本で読んだことがあります。ただムスリムの友人たちの絶対的な信仰は、重層低音のように彼らを支えているんだなと思うことは多々あります。


今回の旅行で知り合ったトルコ生まれのドイツ人エミンさんは、生粋のドイツ人ながら祖父の代からイスラム教徒。「毎日できるだけ多く神様について考えるよう、それを大切にしてる」と言って見せてくれたのがこのカウンター。3cm程の小さなもので、指輪のように指に巻いて祈りの回数を数えるのだとか。「モスクの中だと数珠でも良いんだけど、歩いているときとか数珠だと数を間違えやすいからね〜」と。

こんなところはモダンになっていくんだな〜。
| 旅行 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お洒落な缶
ドイツでもダンボール箱や看板とか、独特の配色とかバランスがお洒落だなぁっと思うことは多々あります。トルコでも同じ。




このダンボールもいい配色。


印象に残ったのはオリーブオイルなどの油の缶。たくさんのメーカーが出しているからか、目立つデザインが多いです。


こちらはコーンオイルとオリーブオイルの缶。


コーンとヒマワリの油の缶。ぱきっとしていて、文字もかわいく見えます。

トルコはもともとはアラビア文字を使っていましたが、トルコ独立戦争後に大統領アタテュルクによってラテン文字に改められました。この大きな改革によって、トルコ人はコーランをダイレクトに読めなくなるわけですが、一方で西洋にぐっと近づくことにもなります。

ちなみに英語にはないトルコ語独自のアルファベットは、
「ç」「ğ」「ö」「ü」「ş」
などがあります。発音が難しくて、なかなか覚えられません…。


それはともかく、ベルリンでランプを買ったKOKOさんのお店には、このオリーブ缶を利用した商品が一杯。これらもオリーブオイルやオリーブの実の缶を再利用した商品たち。植木鉢やゴミ箱として自由に使えます。

これも買おうかなと思っていたんですが、一緒にいたジャンさんが猛反対。「なんでわざわざ買う必要があるの?自分で作ったら?こういう缶ならトルコにいくらでもある」と。「日本じゃ手に入らないのに〜」と思いつつも、あまりに反対されてあきらめました。


その理由がトルコに行って分かりました。都市部はともかく田舎や郊外の家ではごく普通に使い終わった缶を再利用してました。



ベランダにもヨーグルトの空き箱(バケツ)を利用した植木鉢が。これを小さい頃に見て育ったのなら、わざわざ買うなんてとんでもない、と思うのも無理もないと納得した次第です。貧しいからというより「サイズもちょうどいいしこれで十分」と言う感じで、どの家でもみかけました。


この煙突も再利用。なんでもキッチリ作りすぎないところがトルコ流、な気がします。

| 旅行 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コンスタンチノープル
イスタンブールから始まったトルコの旅は友人のトルコ系ドイツ人ジャンさんと一緒に巡りました。本人が言うにはドイツに移民して働いていたけれど、トルコ国民の義務である兵役(15ヶ月間)を拒否する手段としてドイツ国籍を選んだとか。

2011年に徴兵制をドイツは廃止しましたが、それ以前も良心的兵役拒否という制度がありました。でもトルコの兵役は青年男性の義務で、拒否することはできません。拒否するには代償として5000ユーロ(30年近く前の話)を支払うのが唯一の方法だったそうです。当時、1年以上もドイツを離れてほとんど無報酬の兵役につくことは無理だったので、やむなくドイツ国籍を選んだそうです。


で、イスタンブールは世界史の知識の乏しい私でも、ローマ同様、歴史てんこもりな町であることは分かります。特に1453年にオスマン帝国のメフメト2世によって首都コンスタンティノープルが陥落し、東ローマ帝国の滅亡にいたる物語は塩野七生ファンとしては郷愁にかられてしまいます。


今回見に行きたかったのが名高い「テオドシウスの城壁」。近くまでバスで行って歩いていると、メフメト2世の像が。私が「この人がローマ帝国を…」と浸っていると、隣のトルコ人は誇らしげな笑顔で「このスルタンがローマを滅ぼしたんだぜ!」と英雄をみる眼差し。


さらに歩くと「テオドシウスの城壁」が見えてきました。全く管理されている様子もありませんでした。崩れかけた階段を恐る恐る上に登ると金角湾を一望できます。長くのびたこの城壁が
イスタンブール旧市街の西側をすっぽり覆うように造られ、ローマ・ビザンツ時代には鉄壁の防御を誇ったそうです。


城壁の塔の上まで登ると、さらに見晴らしが良いものの、かわいい子どもギャングが数名いました。近寄って来て、彼らの持っているささやかな歴史の知識を披露してくれます(そしてお金を請求してくる)。


ここでもローマ帝国滅亡への郷愁に浸る日本人と、オスマン帝国の威信をヨーロッパに知らしめた歴史に心を高ぶらせるトルコ人の構図。感じ方のギャップに驚くとともに、視点が違うと感じ方って正反対になるんだなあと、当たり前のことを改めて実感。


城壁からの眺めは、ちょうど夕焼けの時間で、とても素敵な景色でした。ただ、この城壁付近は観光客も少なく、私が遭遇した子どもギャングならコインを渡す程度で良いですが、遅い時間に一人で行くのは危ない感じのするエリアでしたので、ご注意を。

| 旅行 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドイツとトルコの旅

8月〜9月にかけて、ドイツとトルコを遊びと仕事をかねて旅をしてきました。ドイツの記事は少し書いたけど、トルコについて報告と印象を少しずつアップしていきたいと思います。

トルコではイスタンブール、アンタルヤ、アランヤ、ウスパルタ(近くの村)の4つの町を16日間でまわりました。イスタンブールとウスパルタでは知人のお宅に泊めてもらったこともあって、ホームステイ気分。最後は空港まで見送ってもらって、思わず涙の帰路でした。


トルコとドイツの関係はとても複雑で、親しくしているトルコ系ドイツ人の友人家族の生き方や在り方からもそれは強く感じます。戦後、大量の移民を受け入れて来たドイツでは、現在は5人に1人が移民の背景を持つ、非ドイツ民族です。実際200万人とも言われるトルコ系ドイツ人は、ドイツの人口の15%近くを占めています。

これまではドイツでのトルコの影響を見ることが多かったけど、今回は逆です。人が移動するということは一方向ではなく、双方向に影響があるのだと強く感じました。トルコにおけるドイツの影響を多々感じる旅になりました。

そういう印象も忘れないうちに書き留めておきたいです。
| 旅行 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新学期
 ケルンを離れる前に、一度は大聖堂をのぞいておこうと行ってみると、平日の朝からすごい人。いつも多いんだけれど、フォーマルな格好をした親子連れがなぜか多い。大聖堂の中で教会の人が「今日は新学期が始まるから、新しく学校に入る子どもたちのミサがあった」とかなんとか。


そういえば、今週からNRW州は新学期が始まると友だちも話していたのを思い出す。大きなリュックを背負って、三角の袋を持っている少年が大聖堂の前で記念撮影。なるほど、小学校1年生の最初の一日なんだ、と納得。

最初の一日目だけ、学校に行くのが嫌にならないように(?)、お菓子をいっぱい詰めた大きな袋を持って学校に行くのだとか。そんな話を語学学校で聞いたような…。


後ろからカノンの音楽が聞こえてくると思ったら、年に何回かケルンにやってくる音楽家のグループ。今年はちょうど出会うことがで来ました。ストリートでやってるのはもったいない気がする彼らの音楽に、足を止める人はとても多いです。


その側では地面に絵を描く準備をしてます。なるほど、描くところは一応、黒く下地を作るんだと納得。

いつもにぎやかな大聖堂前の広場。この雰囲気は変わらないんだろうなあ。次に見るのはいつになるやら。
| 日記など | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ケルン
 ベルリンからケルンへ移動してはや10日がたってしまいました。もう明日でドイツは終わり。アーティストや留学時からの友だちなど含めて、20人近い人から話を聞くことができました。ケルンでは一通り友だちと会ってしゃべるだけで日が過ぎてしまいます。


お食事に招待されたり。




今の季節だからとプラムのトルテを出してくれたり。手ぶらで伺って、話を聞きたいだけ聞いて、おやつまで出していただくなんて、本当、ありがたいです。友だちの新しいアトリエを見に行ったり、そこでまた新しいアーティストと知り合ったり。

ドイツはアーティストに優しい国だと良く聞きます。実際、私もそう思います。でもやはり現実は決して楽ではありません。

ドイツの消費税は19%。食品など日常の必需品は7%。19か7のどちらかです。これまで、芸術作品にかかる消費税は7%だったそうですが、今年の1月からギャラリーが販売した場合は19%になったそうです。アーティストが直接販売した場合は納税義務は7%のまま。アーティストの負担が直接上がったわけではないですが、ギャラリーは負担が増えるため作品の値段を上げるなど、対応を考えざる得ません。

ベルリンの国立の美術館は毎週木曜日の午後からハッピーサーズデーとして、入場料が無料になっていたのに、それも経済的な事情とかでサービス自体がなくなりました。

ケルンも毎週第一木曜日が美術館の入場無料の日ですが、これも数年前からケルン市民だけに制限されました。

市がサポートしている友だちの使っている共同アトリエは、アーティストは家賃だけ支払い、光熱費は補助で賄っていたそうですが、急に光熱費もアーティスト個人が負担するようにと通達があったとか。アトリエを利用しているアーティスト皆が協力して、これから戦うのよ、と。

私が知っているだけでもケルンの2つの大きな共同アトリエが、この数年で取り壊されました。もっとお金になるマンションを建てるのだとか。これも市の政策。文化に対する予算が年々削減されているのを、私のような旅行者でも感じます。

もう一つ興味深く聞いたのが、ギムナジウムで美術の先生をしている二人の知人からの、ドイツの美術教育の現状について。日本の義務教育の仕組みとか、学級の人数、美術の時間数などと比べながら、違いや共通する部分など、何時間あっても話が尽きなません。

もっとも驚かれた点の一つ目は、美術のキット教材が流通していて、かなり多くの教育現場で安易にキット教材が使われていると伝えたとき。二人とも目を丸くしてました。マテリアルを買うなら分かるけど、どうしてセットを買う必要があるの?と。芸術の大切な部分が失われてしまう、と衝撃を受けてました。

二つ目は、多くの先生は授業へ真摯に取り組んでいると前置きした上で、忙しすぎて教材研究ができない先生が多いこと。もしくはよりよい授業を考えようとすることへの意欲がなくなるほど雑務がある、と伝えたとき。「教師の仕事はいかに良い授業をするか、でしょ? 職場でそれ以外のことで謀殺されるなんて、どうして?」と。

私のドイツ語が拙いため、なかなかお互いにすべてを理解はできませんでしたが、ドイツの教育システムも大分分かってきて、本当に興味深かったです。ギムナジウムがどういう教育機関なのかもやっと見えてきました。今回聞いた内容を落ち着いて整理しないと。

| 美術・芸術のこと | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見つけたものなど
年に1回弱のペースで、この5年ほど毎年ヨーロッパに来ていますが、来るたびに「あ〜、楽だな〜」と感じます。みんな肌から髪の色から、服装から髪型からバラバラで、好きなところに座り込んではギターを片手に歌ってたり、芝生に寝転んで本を読んでたり。一目なんか気にせず、自分にとっての当たり前を、当たり前にやってる空気が「楽」です。

学校なんかで教えていると、違っていることを注意しなければいけないことが多々あります。違うことが前提で動けたらこんなに楽なのになあと。


町をぶらぶら散歩しているだけで、自分の中が柔らかくなる感じ。歩いていると熱心に車?をリフォームしているカップルに遭遇。


後ろ一面がカセットテープでデコレーションされてます。


天井との隙間にもレコードとカセットテープ。


タイヤの周りも、レコード。


この日は下絵を見ながら、熱心に絵を描き込んでました。タイヤもパンクしてるし、実際に中が使えるのかは分かりませんが、いつかこの車で旅行でもいくんでだったら、素敵だなあ。


側にはこんな、かわいい車も。こういうゆる〜い感じを見ているのが何とも楽しい。
 

さて、いつも貧乏旅行で大した物を買わないのですが、今回は珍しく小さなランプを買いました。お店のオーナー兼作家のKOKOさんがちょうどお店にいて、いろいろ話を聞けました。「変圧器がなくても使えるはず〜」という言葉を信じて購入を決意。



というのも、このランプの台に使われている缶が、以前オランダの尊敬する友人からいただいたキャンディの缶と同じだったから。二つを並べて飾るのが楽しみ。


お店で、倉敷の畳縁を使ったベルトを発見。KOKOさんのチョイスだとか。めざといというか、
流行って早いなあ。
| 旅行 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
SUSHI WORKSHOP
 
ベルリンで働いている友だちが私と二人のドイツ人の友人のために、"SUSHI WORKSHOP"を開いてくれました!仕事の合間をぬって時間を作ってくれた上に、こんなワークシートまで!


待ち合わせ場所から、アジア系のスーパーマーケットまで行って買い物も一緒に済ませ、いざライスを洗うところから。炊き終わって酢飯にします。ドイツのお寿司屋さんのご飯よりも美味しい!と感心する参加者。


野菜はのりの幅に合わせて切るんだよ、と指導中。


新ショウガが手に入らない時期だからと、ラディッシュで甘酢漬けを作ってくれていました。


見本を見せてもらった後、いざ本番。周りの注意も聞かず大量のわさびをつけてます(後で自分で責任もって食べてましたが)。


「料理はだめなのよ〜」と弱気な友だち。でも楽しそうに巻いてました。


完成! キュウリとアボガド、サーモンが今回の具材。いろんな寿司談義をしながら、楽しく美味しくいただきました。

実は私も恥ずかしながら初めての経験。私の叔母がお寿司作りの名人で、私はもっぱら食べるだけ。そろそろ食べたいなと思うと、だいたい叔母の寿司が届くため、作る機会がありませんでした。

何よりドイツの友だち二人が心から喜んでくれたのが、とっても嬉しかったです。こんな機会を設けてくれたMACHIKOちゃんに感謝。
| 旅行 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ