Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< ベルリンのインターネットカフェにて | main | 優しい人たち >>
ラーフェンスブリュック強制収容所

ベルリンから電車で1時間程北にある、ラーフェンスブリュック強制収容所へ。ここは女性専用の収容所として有名です。一部男性も収容されてはいたようですが。

さすがにベルリン郊外のザクセンハウゼンと違って、見学者はほとんどいません。最寄りの駅で降りたのも私と友人と2、3人。

ザクセンハウゼンもそうですが、戦後はそのままソビエトの収容所として再利用されたそうです。建物の損傷がひどく、展示も多くはないのですが、建物や空間を見に来た私としては、人も少なくてゆっくり静かに見ることができました。


メインの建物で中は資料館


拷問道具


労働させられていた建物

ただ、この6年でザクセンハウゼンがものすごく改修されたように、ここもそのうちドイツ人的な徹底ぶりで、きれいになってしまうのかもしれませんが。
| 強制収容所 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/997750
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ