Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< ウスパルタの町 | main | リニューアルのお知らせ >>
最後の記事としては
 いい加減に旅行の記事を終わらせないとと思いながら、日々の仕事にかまけてました。ホームページをリニューアルしていて、ブログもそちらに移行しようと試行錯誤中です。このデザインのブログで記事をアップするのはこれがラストになると思います。留学を期に何となくダラダラと続けてきましたが、2014年で区切りをつけることに。といっても自分の記録にもなっているので削除はしませんが。

トルコの旅のしめくくりはアイハンさんのこと。今回の旅で知り合った方達の中で印象に残ったのがネジョさんとアイハンさん。イスタンブールのネジョさんはリベラルで現代的な精神の持ち主で、宗教とも一定の距離を置いていて、豚肉も普通に食べていた。ドイツでの生活が長かったこともあるのだろうけど、だからといって合理的過ぎるわけでもない、物腰も穏やかでとてもバランスの良い人だった。

アイハンさんは最初無骨な感じでとまどったけど、とても頭のいい実際的な人。イーデジク村の村長さんみたいな役割をしていてとても多忙な様子。なのに私が「町へ行ってお土産を買いたい」と聞きつければ車で町まで送ってくれる。それも上手く自分の予定の中に私のスケジュールを当てはめて。

町でカフェに入ってみんなのチャイを頼むと、店内みんな顔見知りで、自分は飲む間もなくみんなに声をかけ情報収集後、次の約束があると出て行ったり。村の道路の補修の工事をスタートさせておいて、その足でその許可を県に掛け合いに行ったり。なんと言うか政治的に動ける人だった。

アイハンさんはジャンさんたち家族にとってはとても大事な人。子どもたちがみなドイツに住んでいるので、ジャンさんのご両親が困ったことがあると助けてくれるのはアイハンさん。アイハンさんは小学校の頃にお母さんを亡くし、父親は幼いアイハンさんを捨て、親族も貧しさを理由に誰も手を差し伸べず、路上で寝ていたアイハンさんを連れて帰ったのがジャンさんのお父さん。それから少し年の離れた兄弟みたいに育ったのだとか。

両親のいない子どもの為の寄宿学校に進んだアイハンさんは、長期休暇の度にジャンさんたちのもとへ帰って来たそうです。その後ジャンさん一家はドイツへ移住し、その頃には既に小学校の先生として働いていたためトルコに残ったアイハンさん。久しぶりの全員集合を喜ばないわけがありません。

私が日本に帰る日に挨拶に行くと、まだ「村全体を見てないだろうからドライブに連れて行ってあげる」と。やった〜と喜ぶもつかの間、何事も政治的に一つの目的だけの為には動かないアイハンさん。


「乗りなさい」と登場したのはこれでした。


へっぴり腰で後ろにのって。


山道を駆け上って行きます。ガンガン揺れるので振り落とされないように必死な私。植物も全然日本と違って、葉っぱがやたら尖っていたり、土の色が乾いていたり、自然が攻撃的な感じ(笑)。岡山の優しい自然に慣れている私にはそういうことも新鮮。


随分登って来た目的は、


この小屋の中の状態をチェックするためでした。


水か何かをコントロールする場所らしいのだけど、問題があったみたいであちこちチェック。


こういうところの水の量もチェック。


村に向かって流れて行ってます。


そんな慌ただしい中、自分の果樹園もチェック。ここは俺のだからと洋梨をくれました。


天気も最高によくて、アイハンさんの村一周パトロールも、楽しいひととき。

「今日はみんなで湖に行くから」と言われて「喫茶店でお茶を飲んで帰るだけ」の一日を過ごしたり、「明日は来ないから」と帰った人が翌日の朝食から一緒にいたり、トルコ人の口約束に何度振り回されたか分からない旅でしたが、アイハンさんは言行一致の人。行くと言えば行く、やると言えばやる、そういう感じ。旅の最後を引き締めてくれる素敵な方でした。

早朝にバラ摘みで働かされてもいいから、今度はバラの咲く季節にこの村に来てみたいなあと思います。

というわけで、このブログも締めくくり。
今後の更新はホームページ内のブログで行いたいと思います(まだ調整中なので上手く移行できるか分かりませんが)。

| 旅行 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1527011
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ