Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< 家庭料理 | main | イスタンブール写真美術館 >>
ロカンタとか屋台

 レストラン、ロカンタ(食堂)、ケバブ屋さん、屋台といろいろお店の種類があります。トルコで「レストラン」は基本的にグリルが中心で煮込み料理がないのが普通。グリルだったらケバブ屋さんで食べたらいいので、わざわざレストランに行く理由が分からない日本人です。

ロカンタ(食堂)はセルフサービスで、大学の食堂みたいな感じ。お盆を持って自分で並んで、お皿に好きなものを盛りつけてもらいます。


魚市場に行った後の朝食。朝から空いているロカンタがあったので入ってみるとメニューはスープだけ。トマトのスープとヨーグルトのスープ。パンを付けて4リラ(200円)。パンはちぎってスープに付けるだけでなく、ちぎったパンをスープにぷかぷか浮かべて一面パンの海にして食べる人が多かったな〜。


野菜のトマトソース煮とご飯、アイラン(ヨーグルトドリンク)と水を付けて8.5リラ(425円)。パンは無料です。


ここのロカンタでは欲張って、お店にある料理を全部少しずつお皿に盛りつけてもらいました。サラダと水、トルコピザもつけて20TL(1000円)。どれもこれも美味しかったです。


奥にあるのはデザートのプリン。


ロカンタでもグリルがあるところもあります。店頭でジュージュー焼いているので、すぐ分かります。上の写真とこのお肉を合わせて全部で20リラ。


オムレツ〜。こった料理を食べ続けるとあっさりしたものが食べたくなります。


ムール貝にピラフをつめた「冷製ムール貝のピラフ詰め」。一個1リラくらい。買うと殻を取って、レモンを搾って渡してくれます。


移動ピラフ屋さん。


ひよこ豆が入ったあっさりピラフ、2リラ(100円)。好みでケチャップかけてくれます。


日本でも時々見かけるケバブ屋さん。ラムとチキンがあります。


今まで謎だった、ケバブの作り方。ちょっとずつ積み上げていくんですね〜。


最後にビール。トルコのビール「エフェス」。美味しい!ケルンのビールと良く似ていて、明るい色で軽くて飲みやすい。トルコではイスラムの国とはいえお酒を飲む人は多いです。ただレストランでもビールを置いているところは、許可をもらったところだけだとか。私が入ったロカンタには無かった気がします。

15年前にトルコに行った時は、オリーブオイルを受け付けなくて、胃がもたれて食事を楽しむどころではありませんでした。ドイツ留学もあり、胃袋の許容範囲も広くなったのか、今回は絶好調。外食が安いので、ついつい毎日あっちこっちで食事を楽しみました。
| 食べもののこと | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1527004
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ