Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< コンスタンチノープル | main | 祈る姿 >>
お洒落な缶
ドイツでもダンボール箱や看板とか、独特の配色とかバランスがお洒落だなぁっと思うことは多々あります。トルコでも同じ。




このダンボールもいい配色。


印象に残ったのはオリーブオイルなどの油の缶。たくさんのメーカーが出しているからか、目立つデザインが多いです。


こちらはコーンオイルとオリーブオイルの缶。


コーンとヒマワリの油の缶。ぱきっとしていて、文字もかわいく見えます。

トルコはもともとはアラビア文字を使っていましたが、トルコ独立戦争後に大統領アタテュルクによってラテン文字に改められました。この大きな改革によって、トルコ人はコーランをダイレクトに読めなくなるわけですが、一方で西洋にぐっと近づくことにもなります。

ちなみに英語にはないトルコ語独自のアルファベットは、
「ç」「ğ」「ö」「ü」「ş」
などがあります。発音が難しくて、なかなか覚えられません…。


それはともかく、ベルリンでランプを買ったKOKOさんのお店には、このオリーブ缶を利用した商品が一杯。これらもオリーブオイルやオリーブの実の缶を再利用した商品たち。植木鉢やゴミ箱として自由に使えます。

これも買おうかなと思っていたんですが、一緒にいたジャンさんが猛反対。「なんでわざわざ買う必要があるの?自分で作ったら?こういう缶ならトルコにいくらでもある」と。「日本じゃ手に入らないのに〜」と思いつつも、あまりに反対されてあきらめました。


その理由がトルコに行って分かりました。都市部はともかく田舎や郊外の家ではごく普通に使い終わった缶を再利用してました。



ベランダにもヨーグルトの空き箱(バケツ)を利用した植木鉢が。これを小さい頃に見て育ったのなら、わざわざ買うなんてとんでもない、と思うのも無理もないと納得した次第です。貧しいからというより「サイズもちょうどいいしこれで十分」と言う感じで、どの家でもみかけました。


この煙突も再利用。なんでもキッチリ作りすぎないところがトルコ流、な気がします。

| 旅行 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1526996
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ