Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< ケルン | main | ドイツとトルコの旅 >>
新学期
 ケルンを離れる前に、一度は大聖堂をのぞいておこうと行ってみると、平日の朝からすごい人。いつも多いんだけれど、フォーマルな格好をした親子連れがなぜか多い。大聖堂の中で教会の人が「今日は新学期が始まるから、新しく学校に入る子どもたちのミサがあった」とかなんとか。


そういえば、今週からNRW州は新学期が始まると友だちも話していたのを思い出す。大きなリュックを背負って、三角の袋を持っている少年が大聖堂の前で記念撮影。なるほど、小学校1年生の最初の一日なんだ、と納得。

最初の一日目だけ、学校に行くのが嫌にならないように(?)、お菓子をいっぱい詰めた大きな袋を持って学校に行くのだとか。そんな話を語学学校で聞いたような…。


後ろからカノンの音楽が聞こえてくると思ったら、年に何回かケルンにやってくる音楽家のグループ。今年はちょうど出会うことがで来ました。ストリートでやってるのはもったいない気がする彼らの音楽に、足を止める人はとても多いです。


その側では地面に絵を描く準備をしてます。なるほど、描くところは一応、黒く下地を作るんだと納得。

いつもにぎやかな大聖堂前の広場。この雰囲気は変わらないんだろうなあ。次に見るのはいつになるやら。
| 日記など | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1526994
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ