Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< 滞在制作 in イチウロコ | main | 第15回倉敷新鋭作家選抜美術展 >>
滞在制作中
まだ、玉島のクリエイティブシェアハウス一鱗に滞在してます。10月は遊美工房のプログラムで滞在させていただいたのですが作品仕上がらず、11月も延長してます。


こんな状態から始まった制作も、


大分進んで来ました。細長いキャンバスにようやく…。ちなみに横長の作品です。


左から一層目、二層目、三層目、と違う段階の絵がゴロゴロしてます。三層目が済んだら赤い色を塗ります。

こういう行程を踏んで描くんですよ、ということをオープンアトリエに来てくださった方に説明したら、みなさんとても驚かれて、それが逆に新鮮でした。印象派のイメージってやっぱり強いんだなあと、改めて思いました。

「これはあなたが考えた方法なのね?」

「いえ、めちゃくちゃ昔からある方法です。私のは”なんちゃって古典技法”ですが。」

「なんちゃって?」

「きちんと勉強せず、見よう見まねでやってるので、なんちゃってです。」

と言いながらも今回も何人かの方に技法に関する貴重なアドバイスを頂いて、制作にこぎつけたわけですが。


右側のように最終的には赤い絵になります。

木製パネルに初めて挑戦、地塗りも今回はエマルジョンに。いろいろ実験して、本当に勉強になってます。正直、もう一回全部始めからやり直せたら、随分無駄がなくなっていけるのにと思いますが、タイムリミットもあるので今回は今できる目一杯で展示です。

後二週間、がんばろう!
| 美術・芸術のこと | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1526975
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ