Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< 栄養補給 | main | 招待されました(2)→ユリさん >>
招待されました→ダニエルさん
旅自体は4週間でしたが、ケルン滞在は2週間。2週間のうち半分はドキュメンタリーフィルムの編集作業。残り半分は昨年「出会いのアート」で日本に滞在したときのお礼がしたいと、連日どこかにおよばれ。なかなか会えない友人たちなので、私も喜んで伺いましたが、本当に休む暇もなく。ありがたや。

例えばダニエルさん。京都出身のアーティスト黒田峯夫さんと京都・ケルン姉妹都市50周年を記念した二人展を開催。その準備で慌ただしい時期にも関わらず2度もご自宅に読んでくださいました。

 
ダニエルと黒田さんのオープニングは盛況。作品がゆっくり見られません。


昨年、来日したメンバーを中心にダニエルさん宅でお食事会。お料理はすべてダニエルさんの手料理でした。日本でも様々な食材を好奇心旺盛に使って毎日料理されていたので、驚きはしませんでしたが。


トマトと鮭のパスタ。


さっと湯がいたアスパラガスとカリフラワーにチーズをパラパラ。シンプルで優しい味。こんなにシンプルでもちゃんともてなす料理になるんだなあ、と感心。
デザートにケシの実のケーキまで出てきました。ダニエルさんに取って料理は実験。好奇心と新しい発見。アートと同じ。ケーキも「今回は小麦粉を使わないで焼いた」とかなんとか。


いつ見ても素敵なアトリエ。すでにここも4度目の訪問。「八鱗」が誇らしげに飾られてます。


愛用の活版印刷。


日本で制作した版画を製本されてました。紺色とベージュの2種類。本のタイトルが「八鱗」。


開くとこんな感じ。この本の制作については
ドキュメンタリーフィルムの中で語られてますので、是非そちらでご覧下さい。


| 出会いのアート | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1526959
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ