Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< 合い言葉はオランダ人! | main | 日本語タイム >>
パンパパン
2008年から毎年ケルンを訪れています。大聖堂のも感動しなくなってきました…。何年も住んでいる人が「大聖堂大好きっ!」と言ってたりすると、私は感動する能力が欠けているのかしらと思ってしまうこともありますが(笑)。

それでもっ、飽きないのはパンです。パンパパン。ドイツのパン。朝ご飯が幸せです。


これは近所のカフェの朝ごはん。Quark(クアーク)チーズにトマト、ハムとキュウリ。待ち合わせた友人が朝ご飯まだなのよ〜、と食べてました。


この写真はFreiburg(フライブルク)というフランスとの国境近くの町へ行った時に入ったカフェ。たまたま同行したカメラマンが以前仕事でフライブルクに数ヶ月滞在したことがあって、その彼のお勧めのカフェ。

とにかくパンがおいしくて、スライスした一枚のパンに、トッピングを選んで注文できるんだよ〜と。外観も可愛らしい旧市街の中心にあるカフェでした。


これもクアークチーズの上にトマトと(多分)あさつきを細かく切って振りかけています。隣はツナと野菜を和えたもの(半分こしました)。どっちもめちゃめちゃ美味しかったです。「お腹空いてないから食べられないよ〜」なんて上品ぶって言ってたんですが、あまりに美味しくてぺろっと食べちゃいました。


これは、ランチに入ったレストランで付け合わせに頼みました。フォッカチャじゃなくって、何だったか名前を忘れましたがイタリアのパンです。それにアリオリとオリーブ。アリオリはマヨネーズというかマーガリンみたいな感じなんだけどニンニクが利いてます。パンにぴったり。

オリーブが苦手な私をよそ目に、オリーブ大好きなトルコ系の友だちは一人でオリーブまでほぼ完食。

もともと私はグルメでもないし、そんなに食べ歩いたりしないんですが、どこに行ってもパンは美味しいドイツです。
| 食べもののこと | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1526917
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ