Sato Tomoko

painting,painting,painting!
<< 予想を超えて | main | ティータイム >>
ノイエンガンメ強制収容所

今年の旅行で訪れたわけではないのですが、ノイエンガンメ強制収容所をちょっと紹介。

2006年にドイツとイタリアを旅行した時に訪れました。ドイツ北部の港町ハンブルクから、電車とバスで日帰りできます。最寄りの駅からバスに乗って収容所へ向かう時に、バスの運転手さんが「途中でエルベ川が見えるからね」と誇らしげに教えてくれたのも良く覚えています。

ノイエンガンメは強制労働を目的とした収容所で、囚人が働かされていたレンガ工場が中心にあります。残っているものはさほど多くなく、独特のデザインのレンガ工場が印象に残ります。


エントランスと記念碑があります。


レンガ工場。この建物を写真で見て、興味を持ったのがハンブルクまで足を運んだ理由です。


同じくレンガ工場。

小さな博物館、資料館などがきれいに整備されていました。この時はザクセンハウゼン以外の収容所は初めてだったので、建物や空間の雰囲気の違いに随分驚きました。

二つ見ると、三つ目が見たくなる。そんな感じで思っていたのが、今年の旅につながりました。

| 強制収容所 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tomoko-painting.com/trackback/1054485
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites
Concentration Camps: A Traveler's Guide to World War II Sites (JUGEMレビュー »)
Marc Terrance
アメリカ人の著者による強制収容所を巡るガイドブックです。とても平易な英語で書かれています。
+ RECOMMEND
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開
兵役拒否の思想―市民的不服従の理念と展開 (JUGEMレビュー »)
市川 ひろみ
表紙に「木を見張る」という
作品を使ってもらいました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ